2012年11月21日

ヴァイスシュヴァルツ 現環境考察B THE IDOL M@STER

また間が空いてしまいました。
環境考察の第3回はアイドルマスターになります。
私の今使っているデッキをベースに、考察して行きたいと思います。
今回も長いですが、よろしければお付き合いください。



まずはデッキレシピです。
結構長く使っていて、少しずつ細部を変えていって、今の構築に落ち着いています。

■レベル0 キャラ19枚
《黄色 キャラ》
ステーキいつか食べたいな!やよい×2枚
《緑色 キャラ》
夢への一歩 涼×2枚
竜宮小町のリーダー 伊織×3枚
ショートカットあずさ×2枚
《赤色 キャラ》
チャーミングヴィーナス 春香×1枚
秘めた才能 美希×1枚
頼りになる?プロデューサー×1枚
《青色 キャラ》
方向音痴あずさ×4枚
OFFタイム 真×3枚

■レベル1 キャラ9枚 イベント3枚
《緑色 キャラ》
高木 順一郎×1枚
《赤色 キャラ》
次のステージへ!春香×4枚
みんなのアイドル やよい×4枚
《赤色 イベント》
BKマニアック×3枚

■レベル2 キャラ4枚
《青色 キャラ》
天才シンガー千早×1枚
歩く仕切り屋 律子×1枚
秘密の貴音×2枚

■レベル3 キャラ7枚
《赤色 キャラ》
正統派アイドル! 春香×1枚
《青色 キャラ》
古き都の貴音×4枚
歌の女神 千早×2枚

■クライマックス 8枚
《赤色》
キラメキラリ×4枚
ALIVE×4枚

黄:緑:赤:青=2:8:23:17

アイドルマスターへの回答です。
あずさをはじめとした強力なレベル0で稼いだアドバンテージを活かし、真でゲームをコントロールします。
レベル1は軽いキャラで行きだけを意識し、レベル2から貴音で耐久に入る万能型のデッキとしました。

アイドルマスターというタイトルは、低レベル帯に本当に良いカードが多く、その採用の仕方は人によって千差万別だと思います。
このタイトルに関する私の所見も含め、デッキを考察していきましょう。

まずアイマスを考える上では、3種選抜のどれを採用するかが大きく方向性を分けます。

・方向音痴あずさ
どんなデッキでも入る、最優秀レベル0アタッカー。
もう1体の強力アタッカー、涼との相性も抜群。
パワー2500も強力で、パンプすることで相手のアタッカーを叩き潰すことも可能です。
さらに、後ろにOFFタイムを立てれば、3面展開で割られることも考えづらくなります。
初手であずさを出せると、上手くいけば3回アタックできます。
1体で3回アタックできるカードはこのカードだけでしょう。
あずさを使ってレベル0でアドを稼ぐのはあずさ型の基本になります。
何とか先攻を取りましょう。
弱点:レベル0が長引けば長引くほど強さを発揮しますが、さらっと終わるとそこまで強くはない。
   レベル0で引かなければ意味がないため、引き勝負になる。

・素直で前向き春香
シナジーで回収しながら相手のキャラを割るとともに、返しが異常に硬い壁。
複数並べ、シナジーを撃つことで力を発揮するカードです。
CXで打点を稼ぎながら、レベル2に向けて手札を整える動きは強力無比です。
レベル1という最もCXを撃ちたいポイントで、アドを稼ぎながらCXを張れるのが最大の利点。
弱点:CXが引けないと行きはただの4000。CXを張っても割れないことが多々。

・ジュピターとの対決!
相手ターン中の回復カード。カウンター1点回復は相手の計算を狂わせることが可能。
スーパーレディ真と相性が良く、単体で13500、レベル応援込みで15000となる。
弱点:イベントなので引いたら切り辛く、そうなると手札の自由度が減る。
   軒並み強力なレベル3が居る中で、微妙なアイマスのレベル3で耐久を図る意味合いが薄い。

個人的にはあずさ、素前が抜けているかなと思います。
あずさがレベル0で稼ぐアドは凄まじいですし、閣下のシナジーは決まれば強い。
閣下はCXを握れないと厳しい&リフ後wantが噛むとイライラするということで、私はあずさ採用としました。
ある程度使った感じではあずさの方が自分に合っていると思いました。
ということで考察はあずさ型(というか上で挙げたデッキ)でいかせていただきます。
want型はまたの機会に。

マリガン
残すカードはレベル0(アタッカー、後列)、BK、アラームだけ。
後は全て切っていいと思います。経験要因に貴音を残す考え方もありますが、私は切っていいと考えます。
レベル2までに1枚クロックに置けばいいと条件が非常に緩いため、初手で切ろうとどうにでもなります。
残して1枚手札を制限するより、序盤の有効札を引きにいった方が強いと思います。
最優先で確保すべきは当然あずさで、次いでOFFタイムとなります。
先攻でこの2枚が揃った時の勝率は尋常じゃないです。揃えるために全力でマリガン。

レベル0
先攻を取れると大幅有利となります。
当然あずさが最も安定ですが、引けなければやよいか涼で壁作り。
相手のパワーラインを読んで、それを超える壁を作りたいです。
伊織はやよいをパンプできるため、あずさと同時に出さず、握っておくのも手です。
OFFタイムが居るため、積極的にアタックしていいです。
後攻なら2パンスタートが安定ですね。
相手のレベルを上げないようにし、稼げるだけのアドを稼いだら、最後は+1000/+1です。
5止めからの3面+CXがレベル0の理想的な動きとなります。
行きのパワーが若干不安になりますが、アラームやショートカットを使いましょう。

・方向音痴
言わずもがなのレベル0最強アタッカー。文句なしの壊れカード。
次ステの登場で終盤のトップチェックのメリットはほぼなくなりましたが、2500の移動というスペックがズバ抜けています。
後列にOFFタイムを置ければ割るのはほぼ不可能。
さらに、相手の移動やシステムキャラを一方的に踏み潰します。
3回アタックできる可能性のある、唯一のカードではないでしょうか。
後列に出して前列チャンプからダイレクト枠に移動で打点調整を狂わせる動きも小ネタとして覚えておくといいと思います。

・ショートカットあずさ
登場時1500パンプは非常に優秀です。
優秀な後列達の枠を阻害しないよう、あずさ採用としています。
相討ちを採用していないため、硬いキャラはこれでパンプして割るのが基本の動きです。
移動あずさが4000、4500に化けるのが恐ろしいです。

・OFFタイム真
トップクラスに優秀なレベル0後列。
レスト2コストサーチと、相手ターン中500応援&レベルパンプと有用テキストを3つも持っています。
このカードとフルゲのCX構成のおかげで、積極的にアタックして打点を稼ぐ動きが可能になります。
CXが噛んだ場合テキストを使えば、手札が2枚増える謎仕様。
展開の安定性に大きく貢献します。
そして、レベルパンプが非常に強く、レベル0、1の相討ちを完封します。
涼がキャントリップ要求の壁となるだけでなく、リライト辺りにはガッツリ刺さります。
さらに、ロータスのバウンスに刺さったり、重要度が増してきていますね。

・竜宮小町のリーダー伊織
全体500パンプはOFFタイムと相性が良く、腐らない良カードです。
地味なもう1つのテキストも、ステーキ、みんドルと合わせて使うことで自ターンから相討ちを完封する効果に化けます。

レベル1
真、BKを上手く使いながら、次ステとみんドルで割りに行きます。
この辺りから+1000/+1は引いたら張って打点を稼いでいきましょう。
次ステはノンコストながら登場時7000を叩きだし、山札も削れる強力なカードです。
プロデューサーと合わせて山の枚数を調整したり、扉が噛む確率を上げることができます。
みんドルは言わずもがな。普通に6000以上にはなるので、優秀なアタッカーとなります。
理想はここでリフを迎えること。レベル0でしっかりアドを稼げているなら、1-6リフを決めるために集中に2コストくらい回しても良いと思います。

・みんなのアイドルやよい
行きも返しも簡単に7000になる優良アタッカー。
伊織のテキスト対象でもあり、弱い要素がありません。
リライトが相手なら、伊織を握っておいて、相討ちにぶつけてやれば相手は凄く嫌な顔をしてくれるでしょう。

・次のステージへ!春香
登場時、盤面が埋まっていると7000になり、トップ確認から控室落としが可能な優良アタッカー。
簡単に7500が作れるのはありがたく、さらにデッキを削ることも可能なので腐りようがない。
このカードのおかげで、レベル1リフがかなりやりやすくなっています。
終盤はこれでトップ確認⇒トリガーを乗せに行ったり、CXだった場合はOFFタイム起動で山札を再構成して生存率を上げる小ネタを覚えておくと便利です。

レベル2
貴音早出しで一択です。
貴音の強さはとにかく軽い事で、1ターン目登場⇒割られず生存からもう1体追加の動きが非常に強力です。
OFFタイムのサーチがあるため、2体連続登場もかなり容易です。
ポイントは、1体目を絶対に助太刀で返されないことと、助太刀を握ること。
特にミラーではこれを意識しましょう。ミラーは助太刀ゲーです。
貴音の経験に失敗したら、シンガーチェンジを使っていきます。

・古き都の貴音
方向音痴に続き、アイマスで1、2を争う壊れカード。
とにかく軽い。手札1枚のディスカードが弱い?アイマスを使ってそれくらい捻出できなくて何がプロデューサーかと突っ込みたくなります。
自身がレベル置き場に行けばいいので、デッキスペースを圧迫しないのが最大の強みです。
登場から助太刀を構え、次のターンOFFタイム起動からもう1体追加の動きが鬼畜ともいえる強さです。
このカードがあるから、コスパのみを求めて返しは考えないレベル1の構成が可能になります。

レベル3
適度なタイミングで閣下バーンを握ったら、クロック破棄で回復しながら殴るだけ。
返しが来るか怪しくなったら、閣下バーンから詰めに行きます。
3−2の相手に閣下バーンから2−2−2の2キャン要求くらいを作れると良い感じですね。

・正統派アイドル!春香
通称バーン閣下。お手軽1点バーン。何度このカードに助けられたかわかりません。
詰めが弱いアイマスで、1点バーンは非常に強力です。
メインフェイズに撃てるため、通ったかどうかを見て打点調整ができるのが一番の利点。
3コストと軽いため、コストを使いきった後に扉で回収したり、決めに行く前のターンにOFFタイムでサーチしたりする動きが強力です。

タイトル対策
・AB
とにかく意識するのは、手札を削ること、レベル0でアドを稼ぐこと、1−6リフを阻止することの3点です。
1点目はABを相手にする際の基本事項。出されたキャラは全て割るつもりでいきたいです。
2点目については、アイマスを使う上での基本事項。性能差で大分アドを稼げるはずです。
あずさは言わずもがなですが、涼が1/0/5000になればキャントリップ要求なので、割られる可能性はかなり低いです。
5止めして、3面展開+CXぶっぱでレベル1後半まで持っていく動きが非常に有効になります。
これは3点目の1−6リフ防止にも繋がってきます。
さらに、レベル1では積極的にCXを張りましょう。圧縮からチェンジされるのが最悪の流れなので、圧縮崩しのCXは非常に有効です。
この3点が上手くいけば、貴音早出しから盤面を取っていくことで素直に勝つことができるでしょう。
ゆりバーンのワンチャンスが怖いので、とにかく3−0で返すことを意識したいです。
3−2だとデッドラインなので、それ以上打点をもらってしまったら、バーン閣下から詰めに行きたいです。

・まどか
やはりレベル0でアドを稼ぐのが大前提です。
クロック絆等がないので、打点調整しやすいはず。
まどかは早い展開(=圧縮できない)に弱いため、CX戦術が有効です。
レベル1からどんどんぶっぱしていきましょう。
レベル2でもそれほど高パワーなキャラは出てこないことが多いので、貴音を出して助太刀を握る流れが安定です。
序盤でしっかりアドが稼げればまどか特有の気持ち悪い圧縮にもなりにくく、アイマスペースでさくっと終わらせることができるパターンが多くなります。

・リライト
レベル0で(ry
リライト側は特にパワーが低いので、涼+OFFタイムで完封できます。
先上がりさせて水着を出させて、みんドル+伊織でレベル2でアタック、返しはOFFタイムで割れませんの動きが凶悪です。
チェンジされると1面取られますが、BKを撃って割りに行って余裕を与えず、貴音の早出しを決めれば問題なし。
リライトは回復力がかなり低く、それを補うために魔女が入っているので、CXぶっぱやダイレクト枠を活かして打点差を付けていきたいです。


アイマスの最大の利点は、段違いの安定性と、弱点と呼べるような弱点がない事。
あらゆるタイトル、展開に対して対処が可能です。
ABと双璧をなす、現環境トップメタと言えるのではないでしょうか。
このデッキを使っていると、回らない事が怖くて他のデッキを使いたくなくなります(笑)

蛇足ですが、今のABとアイマスは、規制なしゼロ魔、とある、ハルヒ、リトバスともいい勝負ができると思います。
一度、規制を取り払ったタイトル達で史上最強タイトル決定戦をやってみたい気がしますね。

次回はまどかマギカです。もうすぐWGPも終わりですし、手遅れ感満載ですが後2回頑張ろう・・・。

posted by お値段以上 at 00:25| Comment(8) | 環境考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした。
アイマスは使ったことがないので
構築の意図やプレイングを見れて
対アイマスの動きに迷いが消えそうです。
あと2回楽しみにしてます。
Posted by U-3 at 2012年11月21日 05:07
考察執筆お疲れ様でした。
今回も勉強させていただきました。

私も趣味で文章を書くのですが、忙しい日常を縫ってこれだけレベルの高い論文を書くのは、とても大変だと思います。

私は読ませて頂くだけで何も出来ませんが、次回も楽しみにしています。
Posted by ゆき at 2012年11月21日 09:46
考察ありがとうございます。
アイマスは強すぎます。
マジで相手にすると辛いです。
なのでAWに真魚をいれて対策たてました。
お値段さんには避けられてしまいましたが(笑)
でも基本的に積んでいいと思ってます。
ハンド一枚で貴音が割れると考えると
ニヤニヤが止まりません(笑)

にしてもアイマスはバグってますね。
何度もお値段さんのアイマス回しましたが
ガチで強いですわ。
次ステとBK握ったときの安心感はやばいッスわ!
あっ神使8000ですか?
じゃあ次ステ出して現状7500です。
う〜んとBKでドヤァ(笑)
Posted by アックア@嘘でも剣道ガチ勢 at 2012年11月21日 12:17
お疲れ様です
考察ありがとうございます

アイマスは本当に安定しますね
特に先行とられたときの動きにABじゃついていけません

今度プレイング指導よろしくお願いします
Posted by 自称高校生 at 2012年11月21日 17:17
考察お疲れ様です。

この前初めてアイマスを使い、安定感ありすぎて使っててものすごく楽しかったです。
規制にもよりますが作ろうと思っているので、構築プレイングともに参考にさせてもらいます。

次回のまどマギ楽しみに待ってます。
Posted by パッチ主席 at 2012年11月21日 23:30
考察乙です。
アイマスは人や考え方によって構築やプレイングがまるで変わる本当に面白いタイトルですね。
しかし全てに共通してるのはパーツが揃う事の容易さと、
手軽な高パワーでした。

ただ昔からバーン系の急激な詰めに弱かった印象があったんで、
特にとあるやハルヒとかにはかなり苦労した記憶があります。
強力なカードが追加されたのも勿論ありますが、
今の環境そのものがアイマスを戦い易く、強いタイトルにしてるんだなって思いました。
Posted by かつどん at 2012年11月22日 00:41
これは方向音痴完全禁止の流れですかね〜。
次点にOFF真でしょうか。
それでもアイマスは代えが効きそうですが・・・。

全国上位を占めるタイトルも固定化が進み、
なんともいえない環境になってしまっていますね。

その点はとても残念に思います。
Posted by 666 at 2012年11月22日 16:12
>>U-3君
対戦相手の思考を知っておくのは重要ですよね。これで私の考えてることはモロバレです(笑)
あと2回もなんとか頑張ります。

>>ゆきさん
勉強と言われると恐縮です、そんなに大したものではないですよ。
考察と言いつつ思ったことをつらつら書いているだけなので、推敲もしていない駄文です(笑)
私も文章を書くのは好きなので、書くこと自体は苦ではないんですが、手を付けるまでが長いです(笑)
読んでいただきレスをいただける事がモチベーションですので、よろしければ今後もご愛顧ください!

>>アックアさん
剣道ガチ勢過ぎるw
アイマスは隙がないですよね。多少事故ってもリカバリして強い動きに戻せるのがなかなか恐怖です。
真魚は貴音に刺さるし、アイマスにぶっささるカードですね(笑)
今後もOFFタイムは前列で仕事してもらいますw

>>自称高校生君
アイマスは先攻取らせちゃダメですね。動体視力を磨いてじゃんけんで勝つしかない!
先攻あずさの安定感がヤバイので、AB側としてもそれに対応できる動き方を考えておく必要があると思います。
ABならなんとかなりますよ!

>>パッチ主席君
アイマスは楽しいですよね。あの安定感は病み付きです。
まずは来期の制限を見てからですね。
方向音痴完全禁止は免れないかなと思いますが、それでもまだかなり強い部類には入ってきます。
カードプールが広いと言うのは大きいですね。

>>かつどんさん
優秀なカードが多いからこそ構築に幅があって面白いですよね。
OFFタイムで必要なカードを揃えやすくなり、貴音でより軽くなったのが今のアイマスですが、やっぱりパワー面は不安が残っています。
それを私はレベル2で盤面を完全に抑え、カウンタービートにすることで誤魔化していますが、レベル3律子を使うなどの考え方も有りますね。
今の環境では、回復の減少などでレベル3を長く続けることが出来るタイトルが少ないため、それがアイマスにはかなり有利に働いていると思います。

>>666さん
方向音痴禁止は大いにありえそうですね。
好きなカードなので残念ではありますが、強すぎると言われたらそれまでです。
私は次点は、古き都の貴音の制限カード入りかなあと。
方向音痴禁止、素尚で前向き、貴音、ジュピターの3種制限みたいなイメージで考えていました。
今回のWGPの結果を見ると、AB、リライト、アイマスが多いですね。
これまでの大会でも上位タイトルの固定化は毎回起こっていますし、ある程度仕方ない側面はあると思いますが、これらのタイトルはやはり頭一つか二つ抜けていると私も感じています。
その辺をどう調整するのか、来期の構築ルールに注目しています。
Posted by お値段以上 at 2012年11月24日 03:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。