2012年12月11日

ヴァイスシュヴァルツ 現環境考察D Rewrite

WGP全国大会も終わり、大規模大会は東京で行われるトリオを残すのみとなりましたので、「現環境」は終わりに近付いていますね。
遅れに遅れた現環境考察の〆は、リライトの考察になります。
私はリライトを組んでおらず、2回くらいしか回した事はありません。
なのに考察しようとする無謀さ。
ですので、いつも以上に参考程度だと言うことを念頭に見ていただけると幸いです。
レシピは、岡山大会のネオスタンで入賞した、サドハラ様のレシピを参考にさせていただきたいと思います。
(無断ですので、まずかったら連絡いただければ即消します)
レシピは素晴らしいですが、ほとんど回していないので考察の説得力は皆無です。
あくまで「リライトを相手にした時の感想」を主に進めていきます。

■レベル0 キャラ17枚
《黄色 キャラ》
オカ研会長 朱音×3枚
《緑色 キャラ》
過去を断ち未来へ 西九条×3枚
《赤色 キャラ》
無愛想っ子 朱音×1枚
お風呂上りの朱音×2枚
《青色 キャラ》
月明かりの下で 瑚太郎&篝×4枚
散る桜の宿命 咲夜×4枚

■レベル1 キャラ12枚
《赤色 キャラ》
輝く青空の下で ちはや×4枚
水着のちはや×4枚
バニラちはや×1枚
ちびちはや×2枚
《青色 キャラ》
誰かのために 静流×1枚

■レベル2 キャラ6枚
《黄色 キャラ》
カリスマ魔女様 朱音×2枚
《赤色 キャラ》
一緒に歩く道 ちはや×4枚

■レベル3 キャラ7枚
《黄色 キャラ》
いたずらなキス ちはや×3枚
《赤色 キャラ》
鳳 ちはや×4枚

■クライマックス 8枚
《赤色》
仕返し×4枚
守るべき人×4枚
黄:緑:赤:青=8:3:30:9

先にも書いたとおり、デッキレシピはWGP2012岡山地区決勝大会の、サドハラ様のレシピです。
http://ws-tcg.com/deckrecipe/recipe_wgp2012_oka.html

マリガン
残すカードはレベル0、チェンジ前。
後は全部切って良いんじゃないでしょうか。
とりあえずオカ研と移動を握って、チェンジ後を控室に送りたいですね。

レベル0
先攻なら移動が安定でしょう。
先攻移動から生存してオカ研、3パンで打点先行が理想的な動きだと思います。
移動があるものの、レベル0は低パワーが厳しく、弱い部類に入ってしまうのでアタック数を稼いで流すことを意識したいです。
オカ研で一番必要なカードを握れるので、引けると非常に安定しますね。

・移動
初手安定のカードですが、環境的に弱くなってきていることを知っておきたいです。
パワーが1500しかないため、割られる可能性が高いと思って良いでしょう。
先攻展開でも、3面立てられて割られる⇒返しで2面割るのさえ難しい(パワーが全体的に低いため)という明確な欠点があります。
オカ研で手札アドを得られることから、「3面展開させて手札を削る」という意識の方がいいかもしれません。

・西九条
0/0/3500アタッカー。
唯一とも言えるまともな高パワーアタッカーです。
キャラ2枚以下で効果発現なので、移動、オカ研と相性が悪く、使い勝手は必ずしも良くありません。
が、3種類ある3500アタッカーの中では多分一番使いやすいです。

・集中朱音
手札交換集中とリバース時1000パンプで、何事もなく優秀です。
余裕があれば1週目の山札を削って圧縮したいですね。
リバース時1000パンプは相討ちと相性が良く、3面越えが楽になります。
レベル0での貴重なパンプ要因なので上手く使いたいです。

・オカ研
1コストで手札が増える素敵なカードです。
5止めに対応可能なのも魅力です。
このカードのおかげでレベル0から積極的に3パンできます。
これがなかったらレベル0が終わってたので、リライトの救世主的なカードに見えます。

・咲夜
疑似アンコールとレストパンプ持ち。
ちはやネームに1000パンプするのが非常に有効で、レベル1以降のアタッカー全てをパンプ可能です。
この効果で見た目越え出来ることが非常に大きく、パワー不足で相討ち頼りなレベル1を大きく強化できます。

採用していないカード
・3500ちはや
先攻で移動と一緒に出せると強いカードです。
咲夜のパンプ対象でもあり、スペックは最優秀です。
が、デメリットも相応に大きく、1/3程度で出たターンはアタックできません。
リライトも強いデッキの部類に入りますので、強い動き(先攻で移動、ちはやを展開できる)よりも、弱い動き(後攻)を見た方がいいというのが持論です。
そうすると、このカードがアタックできないデメリットの凄まじさがわかるはずです。
個人的には、このカードを使うなら西九条を使いたくなりますね。好き嫌いもあると思いますが。

レベル1
基本はチェンジです。
前−後で4−4で入っているので、できれば2面チェンジまで見たいです。
サブアタッカーとしては相討ち、バニラを採用しています。
咲夜、朱音を上手く使って3面割りからチェンジが理想ですね。
チェンジ後は咲夜の効果で守りつつ、シナジーを撃って盤面を取りながら打点を稼ぎましょう。
チェンジできないと非常に苦しい事になります。4−4だとそういった状況は少ないでしょうから、その辺は割り切りでしょうか。

・チェンジ前
このデッキのキーカード。
合計2コスト1点ダメージで、回収シナジー持ちの2/2/9500が出てくるのは脅威としか言いようがありません。
2面チェンジするための4枚投入です。
使われる側としても、1面ならどうとでもなるんですが、2面チェンジされると相当苦しいです。

・水着のちはや
パワーが少し高い相討ちです。
使い方としては、堅いキャラに相討ちを取って集中でチェンジ前をパンプして助太刀圏外に持っていったり、
咲夜の効果とCXで見た目超えしてアタックし、相討ちを盤面に残してダイレクト枠を作るなどがあります。

・バニラちはや
このカードも色とネームが優秀です。
咲夜とCXで見た目超えしやすいのがポイントですね。

レベル2
レベル1の延長線上です。
とにかく意識するのは打点でリードすること。
魔女を立てて打点でリードできれば、非常に有利な展開となります。
CXを引いたら撃って、打点を稼ぎましょう。
ポイントは、早い段階からクロック破棄すること。
盤面は取れているはず(取れてなかったら厳しいです)なので、打点だけを意識して進めましょう。
何となくするクロックドローは、自分を負けに追い込むだけです。そうそう都合の良いカードなんて引けないものと割り切りましょう。

・一緒に歩く道 ちはや
素出しに大きなデメリットを抱えたカード。
基本的にチェンジで運用するカードなので、できるだけ素出しはしなくてもいいように動きましょう。

・カリスマ魔女様 朱音
キーカードその2。
久々に登場した完全ぶっ壊れスペックです。
前のキャラ1000パンプだけでも及第点なのに、オマケとして回復メタが付いてきた意味不明なカード。
リライトを環境トップメタに引き上げた張本人ですね。
CXやソウル2キャラで打点先行し、魔女を立てるという完全な勝ちパターンを確立しました。
個人的には白サイドやスタンでも怖いカードです。
読み合いが面白くなりそうですね。

レベル3
場合によって回復しながら、いたずらなキスで詰めます。
それだけ。非常にシンプルですね。
いたずらなキスを使っての打点調整は、自分のスキルとして確実にモノにしましょう。
打点期待値の最も大きいアタックの仕方や、相手を仕留める確率の最も高いアタックの仕方を知らなければこのカードは腐ります。
ワンチャンス作る能力はトップクラスなので、上手く使えるようになりましょう。
使う人が使えば本当に怖いカードです。

・いたずらなキス ちはや
キーカードその3。
リライトというデッキと非常にマッチした強カードです。
ショットの1点による刻みも強いのですが、ソウルパンプによる打点調整が真骨頂ではないでしょうか。
これにより、サイドも利用すれば自由自在に決めに行けます。
理想は、自分が3−0か3−1で1、2体出して打点を詰め、次のターン3キャン要求で〆。

CX構成
安定と信頼のフルゲート。
このデッキに関しては、特に意識してCXを積極的に張っていくべきと思います。
レベル2で打点先行しない限り何も始まりません。
シナジーは当然ですが、もう一方を引いても撃って良いと思います。

タイトル対策
・AB
出されたキャラは全て割り、手札のアドバンテージを与えないことが重要です。
神使は相討ち、チェンジ後で割っていきましょう。
歌は握っていて1枚なので、撃たせる気持ちで攻めてもいいと思います。
レベル0でオカ研を使い、チェンジからシナジーを撃てれば手札的にはかなり有利になれるはずです。
ABはゆりバーンでワンチャンス作ってくるので、早い段階からクロックを破棄し、打点レースで優位に立ちましょう。
最後はいたずらなキスで詰め。しっかり回ればAB相手でも不利は付かないと思います。

・アイマス
リライトとしては一番厳しい相手だと思います。
レベル0でアドを取られ、レベル1相討ちが通じず、チェンジしたちはやはBKで叩き割られます。
レベル2になったら貴音が出てきて盤面を抑えられます。
と、こうしてみるとかなり不利に見えますが、2体チェンジ出来ればアイマス側も相当苦しいです。
そこで上手く盤面を抑え、CXで打点先行出来れば魔女から一気に勝機になります。

・まどか
回復耐久型なまどかは、リライトとしてはやりやすい相手でしょう。
レベル0はアドを取れるはずなので、手札、コストを稼ぎながらCXぶっぱに備えましょう。
レベル1でチェンジすればシナジー以外で割る術がないので、盤面で優位に立てます。
(シナジーは要注意。2面超えられるので、助太刀と咲夜で2面守りましょう。)
レベル2になったら即魔女を立て、後はひたすら殴るだけ。
願いは魔女が効かない回復リソースなので、そこは要注意。


私が思うこのデッキの最大の利点は、回しやすさではないかと思います。
やりたいことが非常にシンプルなので、迷う場面が少ないはずです。
リライトはどう組んでも弱点があると思いますが、それを受け止めた上で、やることを明確化するのは一つの正解なんだろうなあと想像していました。
全国決勝の入賞者の方のレシピも凄かったですね。
回復を全切りして、オカ研4枚、バウンス3枚。
やりたいことに特化するなら、そういう構築に行き着きそうです。
回復は「負けない」ためにあるもので、「勝ちに行く」ならガン攻め。
猛者揃いの全国決勝だからこそ輝く、素晴らしいレシピだと思いました。

回復じゃなくて、鳳ちはやを全切りですね。
刺されても仕方ないレベルのミスでした、すいません・・・。

持っていないタイトルなので、リライト使いの方々は助言、苦情、罵詈雑言などを積極的に言っていただけると嬉しいです。

さて、これで現環境考察は終わりとなりますが、宣言した所までは何とかやり切れて良かったです。
地区抜けデッキ、全国の使用デッキを見ると、AB、アイマス、リライトの3強に、まどか、ディスガが続くといった形だったようですが、予想とそこまで大外れではなかったかなと。
ディスガはリライトよりさらにわからないので考察はしません。というかできません。
そのうちゆ〜じ君あたりが極めて考察してくれるでしょうから、それ待ちという事で(笑)

次回からは、次期制限が発表されるまで、デッキ考察、プレイングや構築に関するコラムなどをちょこちょこと公開していきたいなと思っています。
今後ともお付き合いいただけますと幸いです。
posted by お値段以上 at 00:00| Comment(8) | 環境考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
考察ありがとうございました。
rewriteは強いとは思うんですが
何て言うんでしょう?
安定さにかけると言うんですかね?
一度ハマると抜け出せないイメージがあります。
タイトルによってはちはやも割られ辛そうに見えます。
正直自分が使っても7試合完璧に回すのは無理だと思います。
やっぱりプレイングですかね?
Posted by アックア@ひと夏のワッサイビー at 2012年12月11日 00:29
お疲れ様でした。
リライトはABアイマス環境の現在はすこしつらいとおもいます。
しかし早い展開が最近の特徴だと思いますので魔女様が居るリライトが最も輝ける時代であるようにも思います。
これでヒロインどうしの仲がよければデッキとして強かったのでは…

Posted by U-3 at 2012年12月11日 04:38
考察お疲れ様でした。
サドハラ氏のレシピはやりたい事がとてもはっきりしていて、今まで見たレシピの中では1番綺麗だと思います。

リライトは自分も時々借りて回すことがあるのですが、その度に何故かガン回りするので強いイメージしかないです。
ショットちはやの打点調整がゆりに比べとても難しいので、モノにしたいところでしょうね。

ガイアはまだフリーの経験が浅いので、プレミ等時々やらかします。
後列向けキャラが多いので、対各タイトルでの盤面の作り方など色んな方の意見を参考に詰めていきたいと思います。
難しくも使い手の力量が試されるいいタイトルだと思います。
お手軽とは程遠いですね(遠い目

最近はお値段さんとのフリーが充実してるので個人的には満足していますが、個人的にアイマス対策を練っていきたいので、またよろしくお願いします。
Posted by ゆ〜じ at 2012年12月11日 05:30
考察お疲れ様でした。
まどか党の私としましては、ABよりこちらのほうが戦いにくい印象を持っています。

レベル0は移動に悩まされ、レベル1ではご自慢の7000ラインを相打ち&チェンジで崩壊させられ、レベル3は回復封じで法外なコストを請求され……仕方ないので、回復しません!と言い切って、あとはさやかの豪腕任せでベタ足インファイトです。

次回の記事も、楽しみにしています。
Posted by ゆき at 2012年12月11日 09:14
>>アックアさん
打点先行型のデッキである以上、弱い展開も勿論あるのですが、それも含めてある意味ではリライトほど安定しているタイトルはなかなか無いんじゃないかなと思っています。
あまり使っていない自分が言うのもアレなんですが、6、7試合勝ち切れるだけのデッキパワーはあると思います。
全体的に見た時に、打点期待値と手札のアドバンテージがかなり大きいと思うんです。
使っていないので説明し辛いですが・・・。

>>U-3君
私は、ABこそが今の環境は辛いかなと思っています。決して弱いとか言ってる訳ではなくて、むしろトップだと思ってる上で「環境的にやり辛い」ということですが。
それでも全国取ってる当たり、相当壊れたスペックなんでしょうね。
U-3君が言うように、魔女は今の環境にドンピシャではまっていると思います。リライトが輝ける環境ですね。

>>ゆ〜じさん
いいレシピは得てして綺麗にまとまっているものですが、サドハラさんのレシピもシンプルで非常に綺麗でした。
私もリライト使うとガン回りするんですよね。きっと組んだら回らなくなるんでしょうが。何なんでしょうね(笑)
DGはプレイングがなかなか難しそうですね。色々やれる分、相手や展開でやることが変わるのは回し応えがある反面、ミスもしやすいですし。
私もDG(デスコ型)との対戦経験は浅いので、よろしくお願いします。

>>ゆきさん
まどかからすると、リライトはいや〜な相手ですよね。
さやかのパワーなら、ちはやともやり合えますが、そこに至るまでの経緯が苦しいですよね。
レベル1でシナジー張って打点先行を意識すれば戦えない相手ではないので、頑張ってください!
私も更新頑張ります(笑)
Posted by お値段以上 at 2012年12月15日 02:53
遅くなりましたが考察お疲れ様です。
リライトはガン攻めするデッキなので自分に合ってて使いやすいです。
ほぼキャラ単が強いデッキって使ってて楽しいですよねw


全国のレシピは回復のちはや切ってLv3篝が入っており、
むしろフルネームちはや展開でいたキスの邪魔をせずに回復出来る点と、
青を積極的に採用することで割と優秀なLv応援である小鳥が上手く利用できているのが綺麗だと思いました。
あれは参考にして今も研究してます。
Posted by かつどん at 2012年12月18日 01:38
こちらのクロックが1ー0〜1−2、対戦相手のクロックが0−5〜1−0ぐらいの時、相手のキャラが3面割れるならCXぶっぱも躊躇ないのですが、相手が1面ないし2面空き家の時はどうしてもためらってしまいます。

こういう局面でもやはり、CXブッパ3パン意識しておいた方がいいのでしょうか?
Posted by ゆき at 2012年12月19日 13:25
>>かつどんさん
私も攻めるデッキの方が性に合っていますね(笑)
キャラ単に近くなるプールというのは珍しい気がします。
全国レシピは面白いですよね。
私も参考にしてちょっと研究してみようかなと思ってますです。

>>ゆきさん
手札に余裕があるのなら、というところでしょうか。
プレイング研究Aという記事を見ていただけるとわかるのですけど、2点と3点だと3パンでの期待値が大分変わります。1レベスルーして欲しいなら、CXぶっぱで安定ですね。
Posted by お値段以上 at 2012年12月21日 00:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: