2014年09月01日

ヴァイスシュヴァルツプレイング研究D ドローゴーについて

お久しぶりです、お値段以上です。
週に1回更新するブログとか言って申し訳ありません。
それくらいいけるかなと思ったのですが、仕事がカオスになってきて無理ゲーになりました。
大きなことは言わない方がいいですね。
改めまして、ヴァイスホリックは年に1回更新するブログです。


・・・そうなりそうで怖いな・・・。

巷ではしろくろフェス、アニサマで盛り上がってましたね!
私ですか?仕事で盛り上がってましたよ!
最近カードができておりません。悲しい。

そんなことは置いといて、今回はプレイング研究その5と題して、「ドローゴーについて」です。

先攻ドローゴーについて

「ドローゴー」というのは、自分のターン、ドロー、クロックドローをし、アタックせずにターン終了することです。
単純にレベル0が引けなかった場合に行うことになりますが、その他に「戦術として行うドローゴー」も増えてきていると思います。
ドローゴーは強いのか!?
ドローゴーを掘り下げた記事って、あまり見たことがありません。
なので、私なりに書いてみます。
あまり整理できていないので恐縮ですが、よろしければお付き合いください。

まず、先攻を基準に考えます。
先攻アタックに対し、後攻ドローゴーを戦術的にするのは特殊だからです。
後攻のゴーは、あくまで先攻ドローゴーに合わせてやるのが一般的だと思います。
なので今回は、先攻ドローゴーの話を書きます。

1 先攻ドローゴーの利点
・手札9枚スタート
何といっても、手札9枚でゲームを始めることができる、という点でしょう。
わかりやすい例を挙げてみます。
クロックに置いた分1点のビハインドはありますが、先攻ドローゴー⇒後攻の相手が1パンの流れを考えると、
相手側が疑似的に先攻を取った形になり、こちら側は疑似的に後攻で手札9枚スタートです。
先攻を取っただけで手札2枚分のアドバンテージがあることになります。阿呆らしくなるくらい有利ですよね。

上記のようなことがわかると、先攻ゴーに対して後攻1パンはあまりしなくなると思います。
(私の場合、割られない可能性が高いか、手札が持つことにかなり自信がある場合以外はしないです)
そうなると、出てくるのが先攻ゴーに対して後攻ゴーというパターン。
こうなると手札枚数のアドバンテージはありません。
勿論、先攻側は増えた手札で先にアタックできるという大きな利点が発生しますが。
この場合は、単純に手札枚数に余裕ができるので、引きに対する依存度が減り、安定した展開が出来るようになります。
相手も同様なので、「引きに依存するところが大きいタイトル」ほどその効用は大きくなると思います。

2 先攻ドローゴーの欠点
・相手に楽をさせてしまう可能性が高い
これが一番大きいと思います。
自分がドローゴーをしたら、相手も合わせてくる可能性が高いです。
これは結構勿体ないことが多い気がします。
ヴァイスシュヴァルツで最も綺麗に安定して勝つのは、相手の手札を枯らすことだと思います。
手札を枯らせば、ワンチャンスの芽すら摘み、安心して勝つことができます。
手札を枯らす勝ち方は、キャンセルに依存する部分がかなり少なくなるという大きな利点があります。
(勿論、枯らしたけどトップCXからチャンプで打点がダダ通りで負けたとかはあるのですが・・・割合の問題です)
キャンセルするかしないかなんて最後は運です。そこに頼るより、削り切って勝つ方が安全で確実です。
なので、私は大会では、相手の手札を枯らすことを一番優先してプレイすることを心掛けています。
大会では、プレイヤーの力量は様々です。自分より強い人も、弱い人も居るでしょう。
自分より技量が劣る相手の場合、ドローゴーなどしなくても手札を持たせることは可能です。
それなのにドローゴーをした場合、相手が合わせてきたら?
2枚の手札分、相手の手札を削り切る機会を失うことになります。
これは、かなり勿体無いと思います。

自分の場合ですが、大きな大会の場合、デッキ選択・構築上もトップドローに出来る限り依存しないようにしています。
これは、相手との削り合いで削り切って勝ちたいから。
厳しい状況で正しい択を取り続けることで、相手との差を生み出したいから。
削り合いになった場合、トップに依存しない構築、アドバンテージを生み出しやすい構築にしている方が勝ちやすいです。
なので、ドローゴーは削り合いをするにはデメリットになると考えて、しない場合が多いです。

私が思っている先攻ドローゴーの利点と欠点を簡単に書くとこんな感じです。

で!?先攻ドローゴーするの!?しないの!?どうなの!?と聞かれると、やはり相手と自分のデッキ次第となってしまいますが・・・。

ちょっとだけ基準を書いてみましょう。
・移動があればしない
・割られない見込みがあればしない
・オカ研、理樹、電、クロアン、集中やらがあって手札が持ちそうならしない
・相手のデッキが手札が厳しい類のデッキならしない
・レベル0のアタッカーが1枚しか引けてなければすることもある
・相手が移動タイトルならすることもある(特にリライト、とある)
・自分のデッキが手札が厳しいデッキならすることもある(AB、シャナ辺り)

移動があるタイトルは、移動を4枚入れることからレベル0のパワーラインが低くなりやすいです(アイマスは除く)。
なので、3面立てても1面以上帰ってくる確率が結構高いんですね。
一番下については、ABやシャナは手札さえ持てば相当な決定力があり、手札を持たせることが最優先になり得ると考えるからですね。
ただ、私は基本的にはドローゴーはしないことを前提に考えて構築していますし、プレイング上もそうしています。
それだけで、する前提で動くデッキを相手にした場合、大分有利ですから。

これについては、色々と意見や批判があるところでしょう。
トッププレイヤーで、ドローゴーをあまりしない人、逆に非常に上手く使っている方も多く知っています。

「ドローゴーをしないなんて下手くそだな!」
「ドローゴーはしない方がいい」
考え方は色々あるでしょうから、機会があったら聞いてみたいですね。

するのがいいのか、しないのがいいのかの答えは「状況による」の一言で片付いていまいますが、
その状況を考え、判断する際に根拠となる思考の部分は、結構人によって違うと思っています。

意味を考えた結果としてやるドローゴーは強いと思いますが、ただやるドローゴーはマイナスになる部分もあるということを知っておくといいと思います。

ではまた次回お会いしましょう!

posted by お値段以上 at 02:32| Comment(4) | デッキレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回も興味深く読ませてもらいました
私も仕事からなかなかヴァイスできてませんが、
更新等ご自身のペースで頑張ってください

さてドローゴーですが、ヴァイス始めた当初は打点ゲーで殴らないのは事故だと友人とお互い思っていた頃が懐かしいです
今では相手を見てやっていますが、ドローゴーを上手く使えると序盤が大変進めやすいため、基準は参考になります

私の行くショップでは未だにドローゴーを事故だと思っている人もちらほらいて、そういう方に先行ドローゴーは効果抜群ですね
Posted by ことりのおやちゅ at 2014年09月08日 00:33
お疲れ様です
艦これを組んで頭を悩ませていますww

ドローゴー1つとっても色々と意見があって参考になりました

東京トリオは精一杯頑張ります!
是非ともよろしくお願います

それでは
Posted by 自称 at 2014年09月09日 02:46
お疲れ様です。
たとえABだとしても基本的にしない派です。
選択肢としては考えますが
しなくてもハンドを維持できるプレイングと
構築をした上で得られる選択肢なのと
自分も楽できますが相手も楽させてしまうからです。

Posted by U-3 at 2014年09月18日 01:32
>>ことりのおやちゅさん
コメントありがとうございます。
マイペースでちょこちょこ更新していきたいと思います。
ドローゴーは上手く使えると相当強いですよね。
事故だと思われると大分有利に進められますから、ゴーするかしないか、使い分けられるようになるのが自分の目標でもあります。

>>自称君
艦これ、構築の幅がありそうだから面白そうだよね。
自分も組んでいるけど、規制前のままだから時間見つけて組みなおさないとなあ・・・。
東京ではよろしくお願いします!

>>U-3君
ABなら、私は先攻取れたらゴーするかな。
今の環境は特に厳しいので(笑)
前、ABでゴーするかしないかである方々と激論を交わしたのが懐かしいです。
いかにして勝ち筋を通すか、先攻1ターン目からいきなり分岐路があるというのは難しすぎますね。
相手に楽させないのは一番大事な視点だと私も思います。
Posted by お値段以上 at 2014年09月23日 23:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。