2015年02月17日

ヴァイスシュヴァルツデッキレシピO ガールフレンド(仮)

デッキレシピ2本目は、黄t赤GF(仮)です。
黄ガルは環境の一角と目されていて、使用者も多いですね。



レベル0 15枚
ゾンビハンター×2枚
単騎4000×3枚
黄色オカ研×4枚
Yシャツエプロン×4枚
どろんこ×2枚

レベル1 10枚
君との静寂×4枚
現場監督×4枚
クロアン甘利×2枚

レベル2 6枚
疑似リフ×3枚
お菓子作り×1枚
肝試し×2枚

レベル3 11枚
クロエ・ルメール×4枚
モデル探し時谷×4枚
背水の陣×3枚

CX
チハヤナントカ×4枚
自由研究×4枚

需要があるのかないのかわかりませんが、黄t赤GF。
ほぼ単色なのでプールは広いとは言えませんが、なかなかどうして枚数配分が難しいタイトルだと思っています。
まだまだよくわかってませんが、「やりたいことをやる」と言う意味でハッキリした構築にはなっていると思います。
私はどっちかというと、低レベル帯を厚くして高レベル帯を薄くする構築が好みです。
「序盤から崩れて相手に優位を取られ続けるのが嫌」「リフ前の1週目の動き方が一番大事」と思っているからです。
が、このデッキは逆。
というのも、回収が扉だけ、サーチもオカ研と集中だけと、かなり引きに左右される不器用なデッキなんですね。
その上、早いゲームを志向するので、コスト的余裕が少なく集中に頼り辛い・・・。
かなりの部分で、素引きで勝負していかなければならないのが、黄型GFの宿命だと思っています。
そんな辛いデッキですが、個々のカードパワーはぶっ飛んでいるくらい高いです。
そして、オカ研と1帯の強力なシナジーがあるのが救い。
なら、低レベル帯はこれでなんとかして、高レベル帯の素引きを強くしよう・・・という方向性です。
実際に、疑似リフ3枚、助太刀1枚、イベントカウンター2枚、武蔵4枚・・・これだけ厚くしています。
リフ後は基本クロックはしませんが、トップの1枚で少しでも強いカードを引きたいという意図があります。

レベル0
オカ研が全て。
引けている時と引けていない時で全然勝率が違うので、最優先でオカ研を引きにいくようにプレイしましょう。
あとは、ストブCXは張れば張った分だけ強いので基本切らないこと。
マリガン基準はなかなか難しいですが、レベル0、クロアンは切らず、静寂は対応が引けていなければ切るようにしています。

・ゾンビハンター
アタッカー1。ストック送りは、思い出、控室メタになるので優秀です。
現状、環境にレベル0でレベルが上がるカードがほぼないこともあり、普通に強い。

・単騎4000
アタッカー2。
環境的に強いテキスト。
甘えた構築の艦隊や、ミラーにぶっ刺さります。
レベルが上がるテキストって強いですよね。
霞とか3500をしっかり多めに採用してるデッキにはそこまで・・・ですが、相手に負荷を掛ける意味ではこのカードかなと。
刺さるデッキは多いです。

・黄色オカ研
登場時1000パンプが付いた、狂った性能。
このカード、全レベル0の中で一番強いんじゃないでしょうか。
先攻ゴーされてからの後攻なら2パンしてオカ研からオカ研のダブ研とかも普通にやりますね。

・集中
自ターン中央パンプで、1000なので数字が大きくなかなか強い。
何より、アド集中で擬似リフと相性が良く、サーチで山にも触れるカード。
黄色は0と1に他にまともな後列がないので4確でいいのではないでしょうか。

・どろんこ
手札を切って自キャラをバウンス。
1面空けちゃうのが難しいところですが、唯一手札が切れるキャラで、オカ研の使い回しが可能です。
1パン、オカ研からどろんこで3パンしてオカ研バウンス、再度のオカ研からシナジーという流れが結構綺麗。

レベル1
シナジーが全て。
引けている時と引けていない時で全然勝率が違うので、2番目の優先はシナジーをしっかり撃つことです。
シナジーで次に必要なカードを持ってくるのが大事。
後はコスト管理が大事です。
自分の基準は、レベル2になる前には最低4コスト溜めていること。
集中⇒擬似リフ⇒早出しの動きを見るためです。
1パン⇒オカ研3パン⇒オカ研2面シナジー・・・とやるとピッタリ4コストです。
レベル0か1か、どっちかで打点が止まるとレベル2までもう1ターン余裕ができて集中したり色々できますが、
オカ研を2回使う関係上か、面白いくらい自分の打点も早いです。
このデッキに関していえば、安定して1リフは幻想だと思います。その代わり相手にも1リフはさせませんが。
山のCX枚数を加味しながら、しっかり擬似リフに繋げられるように動きましょう。

・シナジー
1コス払って9000になり、リバース時サーチ。
単体9000強い。さらにサーチで展開と安定とリフの高速化に貢献します。
問答無用で4枚。2面シナジーを狙いたいです。

・自ターン7500
1帯までは行きの出力だけで十分なので、4枚。
思い出送りも、早いゲームを志向するため、クロックアンコを飛ばせるのは有用です。
他にまともなアタッカーがいない。

・クロアン
1まで返しが紙なので、クロアンがあると便利です。

・1枚落とし
扉を落とすと笑えないので不採用。
黄単なら採用します。

レベル2
擬似リフから早出し。経験上、大体1リフはできません。
出来た場合は大体楽させてもらってるか、キャンセルが強いか。
期待していいかと言えばノーだと思います。
なので、疑似リフを見ます。レベル2前半で擬似リフできればかなり強いです。
レベル2から、8000の擬似リフ、10000の早出しに、5000カウンターと早出しメタ助太刀のおかげで急に返しが強くなります。
ここでは返しを意識したプレイングをしたい・・・ということでカウンター3枚構築です。

・擬似リフ
ただ強。2000パンプで割りに行き、ついでにショットまで持たせることができます。
使い方でしっかり2点分働いてくれる良カードですね。
これを何回決められるかも結果に大きく影響するので3枚。
3週目にはまず行くので、2回のチャンスで最低でも1回、できれば2回決めたいです。

・早出し
条件が緩く、擬似リフとの相性が抜群。
行き4000修正で、割れないカードはほぼありません。
早出しのし易さと軽さ、効果の強力さを考えると、最強クラスの早出しですね。
これを相手にすると、ディスアドバンテージ型の早出しは出す意味がなくなります。

・レベル応援
見た目越えを容易ではなくし、同型を見た際にも強いレベル応援。
大抵疑似リフも出るので、11500と9000で返しに構えることができます。
出れば強いけど出ないことが多い典型的なカード。
不器用なデッキなので入れるなら2枚にしたいですが、枠がないので0枚。
1コストが重いということもあります。

・カウンター
脅威の2/1/5000カウンター。
意識していない人は圏内で殴ってくるので、返してあげましょう。
いきなり返しのラインが一気に上がるので、有用なカードだと思っています。
15000以上出すのってなかなか難しく、コストや手札を要求することが可能です。

・助太刀
早出しメタ。
同型に強いカードですね。先に早出しして構えると、割とどうしようもありません。
後半は集中と武蔵にコストを使うだけなので、3コスト払って1アタック無効なら普通に使っていいと思います。

レベル3
・武蔵
1試合で2枚は使いたいので4枚。
集中で持って来れますが、3枚だと山にいないことも多いです。

・クロエ
10000回復バニラ+α。
回復メタが入っていない上に、防御札がないのでヒールは欲しいです。
艦隊だけ見ればいらないという意見もあるでしょうが、半分以上はその他のデッキですし、追加2コスト払ってでも回復したい場面もあります。
そして、このカードは赤であることに価値があります。
不器用な黄色において、扉はとても強い。
艦隊が幅を利かせている状況を考えても、やはり扉は強いです。
シナジーはあまり考えてませんが、数試合に1回は撃てます。終盤、どっちのCXを引いても美味しいのは悪くありません。
トップして強いカードが多いため、返しがない時には躊躇いなくセッツーするデッキなのも相性がいいですね。
リバース条件も背水をしっかり守って、それでパンプすればまず割れます。
赤で入れるならこのカードかなと思います。

全体として大事になるのは4点
@オカ研を引けるか
Aシナジーを引けるか
Bコスト管理
Cクロックドローの見極め

BとCは自分でできるんですが、@とAは完全に運です。
できるとしても、マリガン枚数などで多少確率を高めるくらいのもの。

それもあって、強いんだけど、大会で使うのはどうなのかなあ・・・というイメージがなかなか払拭できません。
パーツは強いし、強い動きをする時は本当に強いんですが、序盤が崩れると後はお願い打点ゲーになりやすいです。
疑似リフクロエ武蔵と詰め性能は相当にあるので、お願いゲーでも結構勝ててしまうのはいいところなんですけどね。
「どんな相手にも勝てる」デッキですが、「安定して取りこぼさず勝つ」デッキなのかと言われると難しいところです。

私自身にとっては、「あまり使いたくないけど使われるのはとても嫌」なデッキの典型です。
プレイング自体は基本的に一本道なので非常にわかりやすいと思います。
クロックに置くカードをシビアに考えること、リフ後は基本的にクロックしないこと・・・というのは必要ですけれど、それは他のデッキでも同じですよね。
器用さこそないですが、だからこそリカバリとワンチャンス作るためのプレイングと構築が問われるデッキでしょう。
艦隊に次ぐ2番手か3番手くらいの力があるタイトルだと思いますので、手っ取り早く勝ちたい!という人にはとてもお勧めですね。
posted by お値段以上 at 00:23| Comment(0) | デッキレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。