2015年07月07日

BCF仙台大会&札幌大会レポート

お久しぶりです。お値段以上です。
気が付けば4か月。時が経つのは早いですね・・・。
いつの間にか札幌に帰ってきました。
どんどんカードできる時間が少なくなってるのは寂しい限りですが、細々と息が長く続けていけたらと思っています。

BCFのレポートを一気に2本行ってみましょう。
仙台の方は結構前に書いて放置してたので、整合が取れてないかもしれませんが無視してください。

≪BCF仙台大会レポート≫
さてさて、行ってまいりました、BCF仙台大会。
仙台はここの所皆勤賞ですね。
良い所ですよ、仙台は。お酒が美味しいし、大会規模としても参加者数がそこそこなのでチャンスがありますし。
大会レポートを簡単に。

まずは恒例、メンバー紹介から。

・お値段以上
ブログ更新を怠るようになったおっさん

・デスカッターさん
ご存知19番地の「こっち側」の人。
19番地はイケメン紳士揃いで皆の憧れの存在、もちろん私も憧れていますが、この人だけは同じ匂いがするよ!
トーク力に定評があります。勝負強さにも定評があります。

・自称君
らしんばん再スタンドの伝説?により有名になってしまった彼。
ブログに載せた私としても非常に責任を感じております(ゲス顔
でも実は毎回好成績を残してるんですよね。彼もまた非常に勝負強い。
今回のトリオの発起人。最初にデスカッターさんに声を掛けるあたりなかなか策士です。本人意識してないでしょうけど。

使用タイトル及び座り順は
先鋒:お値段以上(まどか)
中堅:自称高校生(艦これ)
大将:デスカッター(ニセコイ)


元々は私がニセコイ、デスカッターさんがリトバ、自称君が何かを使う予定だったんですが・・・。
〜大会前日〜
お「自称君何使うの?」
自「ミクですかね〜」
お「大丈夫?フリー用に組んでみた艦隊(一回も回してない)とスパーしてみるか」
・・・結果、自称君ふるぼっこ
自「明日これ(艦隊)使っていいですか?」
お「」

〜大会開始10分前〜
お「最近ニセコイめっちゃ調子悪いんですよ。折角光らせたのでまどか使っていいすか?」
デ「じゃあ俺ニセコイ使う?」
お「お願いします!」

ということで、前日と当日で使用タイトルが決まりました。
ちなみに、私に関して言えばまどかもフリーでぼっこぼこでした。
今考えたら何でまどかにしたのか、自分の頭沸いてたんじゃねーの?ってレベルです。
素直に黄GFとか回しやすいデッキを使っておけば良かった気がしますね。

1回戦:ニセコイ青小咲×
全国プレイヤーさんと。というか、初めての全国で、強プレイヤーとは何たるかを教えてくれた人と再戦でした。
なんとか良い所を見せたいところですが・・・。
ニセコイ相手にはやろうと決めていた先攻ゴーができたわけですが、手札が悲惨。
レベル2以上が多いまどかでは起きやすいことではあるのですが、CXとレベル2以上ばかりで目を覆いたい感じに。
集中も引けず1でも止まらず、1リフはどう考えても無理・・・と言い訳がましいことばかりですが、割と全開で回ってくれないとニセコイ相手は無理!
何とかゲームにするために、1リフを阻止のCX⇒レベル1で3キャンされて大体ゲームが終わった感じ。
そこから1リフ⇒青小咲でクロック破棄⇒キャンセル多発でよくある強いニセコイの蹂躙ゲーに。
若干ミスで助けられた部分もあったりして、なんやかんやで最後粘って、ほむらで2キャン要求まで作ったのは頑張った?ような気がしますが、青小咲で圧縮された山に2キャン要求じゃ弱いんですよね。
普通に2キャンされて返しに詰められて負け。
チームは、自称君は勝ち、デスカッターさんは時間切れ引き分けで両チームとも敗北扱いに。

2回戦:シャナ○
あまり対戦慣れしていない方だったのか、レベル3でも2パンとかだったので勝ちました。
チームも3-0。
続行するかタイトルか迷いましたが、折角なので続けることに。

3回戦:GF黄○
途中まではあまり覚えていませんが、割ったり割られたりで、キャンセルと集中で上手く1リフに成功。
そこからはまどかのゾーンに入ってしまい、キャンセル多発に加えて早出しされた玉井をナイトメアで飛ばし、打点でリード。
そのまま最後までキャンセルが強かったので押し込んで勝ち。
チームも3-0。

4回戦:まどか○
ミラーで先攻。
新世界+500で4500を立てると、返し割られず。
集中ノーヒットからもう1ターン割られず。
レベル0は割られずに良い感じでしたが、集中が当たらない。
結局、この試合は4回撃ってノーヒット。
相手は1週目から2ターン連続で当たってアドバンテージは大体トントンに。まあそんなもんです。
だったらキャンセルしろよと思うのですが、ほぼ全部引きました。あるある。
通りそうな打点を選択するとCXが手札に溜まり、それでも通らずにダメージレースも苦しい展開で、ああこれは負けたかなーと思ったら最後ほむら2面連動で2つ通ってしまい勝ち。
一応2キャン要求でしたが、相手の山は強かったので配置で勝ちましたね。
最終ターンに張った後、手札にはまだCXが3枚か4枚あったので、相手も自分も・・・・って感じでした。
チームはまたまた3−0。

チーム合計3−1で抽選になりましたが、そううまく当たることもなく予選落ちでした。
個人も3−1でしたが、内容を考えてもお世辞にも強いデッキではなかったかなと・・・。
ニセコイ艦隊とは、5分取れる気が全くしませんし。
今考えてみても、ほむらさやか型に限定したとしても大分改善点があったように思います。
色々試しているので、そのうちレシピを挙げる・・・かも・・・そんなレベルまで達すればですが。
まどかは、レベル3の強さと、「まどかのゾーン」を極力活かすこと、すなわち1リフをしっかりすることが肝だと思っていますが、なかなか難しいですね。

自称君は4−0、デスカッターさんは3−0−1となかなかに優秀な結果だったので、タイトル采配は良かったはず!
自分が敗因になってしまったので、なんというか申し訳ないし情けない限りでした。

その後、札幌勢や東京勢、仙台勢との飲み会。
・おーむ君が貫禄の0-4。昨期から大規模公式大会日本最多敗戦記録保持者(簡単に言うとさいよわ)はこの人に違いない。
・悪魔ほむら3積のレシピに非難轟轟、おーむ「作り手やめて乗り手に専念するわ」
・らしんばん再スタンドが4-0だと・・・。自称「自分のデッキじゃないんでね(笑)」
・ふぁるこん、ニセコイ使って2-3。決勝トナメ1没。f「5戦やって1回もレベル1なかったんすよ。探さないでください」
・キノさん、トリオ4回戦で負けてまたもレシピ載らず。キノ「横に0-4が居たからだよ!」 おーむ「俺はチームの勝敗に一切関わっていない!」
・KWD、ケン君、あかねこ君のチーム、1回戦で3者とも時間切れ、じゃんけんで3-0。ファーッ!?
・me「まどかタイトル1没でほんとに何しに来たのか・・・」
・U-3「SAOタイトル1没だけど飲み会メインなんで。大会オマケなんで。」
・キノ「DT10th AnniversaryはDTみたいなもん」
・かんた「俺なんてリアルDTですよ!」

最後のはよくわからないですが、こんな感じでとても楽しかったです。
負け犬しかいなかったがな!

その飲み会で色々あって、お値段以上、me、デスカッターでトリオ組むことになりました。キノさんは札幌でネオスに出るらしい。
キノさんトリオに誘ったけど断られたので、トリオでレシピ載せて悔しがらせてあげたいですね!

ということで、今週末に迫ってしまったBCF札幌が終わったらまたレポートをあげたいと思います。
それでは!

続いて、札幌大会絵レポートです。

≪BCF札幌大会レポート≫
恒例のメンバー紹介から。

チーム名:コンカツ!
俺たち、レシピ載せたら婚活するんだ・・・。
なんという死亡フラグ(笑)

先鋒:デスカッター@19番地(艦これ)
もはやこのブログでも高齢・・・じゃなくて恒例になりつつあるこのお方。
ご存知19番地のお笑い担当。けどヴァイスはとても強い。
最近気付きましたが、実は何でも回せるオールラウンダーなのではないか疑惑。カードに限らず器用っぽいですもんね(意味深
今回に向けて艦これを練習してくれてたらしい。前回は急にニセコイ使ってもらって結果出してたし、素地がある人は強い。

中堅:お値段以下(まどか)
慢心シュート。
まどかは迷いました。結局練習する時間がなかったので、仙台で使ったものをブラッシュアップして使用。
今期は、ニセコイ艦隊に続く3番手を何にするか、というのが1つのテーマじゃないでしょうか。

大将:me(ニセコイ)
関東の、いや日本のトップクラスの実力者(当社比)。
とにかくカードに対して真剣で、ひたむき。それが彼の最大の強さだと思います。
強いのに上から目線にならず学ぶ姿勢を忘れない人なので、尊敬していたり。
私はちゃらんぽらんプレイヤーなので見習いたいですね。
青小咲使いたいということだったのでニセコイはme君の担当に。
一番プレッシャーを感じるポジションだけど、適任ですね。

このメンバーになったのは、仙台大会の後の飲み会で私が2人に声を掛けたからなんです。
元々札幌はネオスタンに出ようと思っていたのですが、仙台トリオが楽しかったもので、me君に冗談半分で「札幌来なよ、トリオ組もうよ(笑)」って言ったらまさかのOK。
マジかよ、何が何でももう1人探さないと・・・!って思ったら隣にキノさんが。
キノさんは「お金ないから行かない」とのツレナイお返事。デスカッターさんに声を掛けたら、「me君と組めるの?行く!」ってことでトリオ成立。
何とも急に強い2人と組めることになって、しかも飲み会もあるし一層楽しみになった、という経緯がありました。

なのに、当日キノさんも来るのな!流石だよ!
いつぞやの仙台大会のデジャヴで、絶対レシピ載せてやるぜ!と意気込んでました(笑)

トリオは52チームだったかな?北海道にしては異常に多い(笑)
遠征組も含め、相当な人がトリオに参加していましたね。

1回戦:艦これ赤城@やっさん○
即身内戦も、半分くらいは知ってる人だから仕方なし。
やすさんはまどかで一番当たりたくない艦隊を使用。
アクアフォースはやだなあ・・・と思ったら、島風赤城でした。
後攻で、相手の初手は安定の電ちゃん。
こちらは新世界で1パン。
返し割られずで歓喜。
私の必殺技、デスカット炸裂で大量のCXを手札に送り込んでしまったようで、苦しそうな状況だったので1でCXぶっぱして打点を通す。
相手にも張られましたが、こっちは3キャンしてしまって1リフに成功し、こちらが有利に。
2からはセット破棄して集中、キャンセル、疑似リフの「まどかゾーン」に。
止まらない相手に止まる自分。こうなると・・・。
最後、こっちも通って怪しくなりましたが、3−4の相手に3−3−3の3キャン要求で勝利。
チームも3タテで初戦突破。

2回戦:ニセコイ×
先攻でドローゴー。
相手の2パンに対し3パンで返す。
0−6で止まり、黄色1色発生で修羅場撃たれず、千棘が3面。
こちらもレベルが上がり、集中して上から3面で踏む。
手札を枯らして1リフとなかなかいい展開になるも、レベル2初ターンでCXを引き、さらに3噛みして一気に怪しくなる。
レベル2で小咲2面からのサイド2面で、返しのチャンプCXがキャンセルされて一気に打点が逆転。
そして2噛みから打点が通る安定の展開で、ファイナルターンに3−6まで持っていくも1点詰め切れず返しに通って負け。
序盤は理想的でしたが、リフ後が・・・。
あと1点だったので、ほむらを持ってくる択を取れれば勝っていた可能性もあり、非常に悔いの残る敗戦でした。
こういう、恵まれた展開の試合で勝てないとダメです。
チームは勝って3回戦へ。

3回戦:ニセコイ@モコナさん○
前回のWGPトリオ優勝のブルーフェニックスと。
2回あたったので内容が怪しいです。混ざってるかも。
先攻でドローゴー。
返しの2パンに3パン返し。
その後、修羅場複数面撃たれたり、こっちの集中が決まったりで、5分の展開で進む。
こっちが先上がりして、円環さやか早出しから疑似リフ。
2で当然2面出てくる青小咲。2体目はフロントでしたが、3になればさやかで踏める算段があったのでマリカを考え助太刀は温存。
返し、円環で見た目超えして助太刀を撃たせ、打点は通していく。
3になって、さやかとほむらでしっかり小咲2面を踏んで、ナイトメアと願いを構える。
次のターンはマリカが出てこず。3-3くらいで耐える。
こちら、3-1までヒールし、3-6まで持って行ってターンを返す。山は薄くCXは残り2枚、手札に願いとナイトメア。
ナイトメアでマリカから逃げ、2キャンして返し1点通して勝ち。
チームも3タテで決勝トーナメントへ!

準々決勝:LL海未単×
後攻でドローゴー。いや単純に、レベル0がない・・・。
というかマリガン時点でCX4見えで嫌な予感。
当然その予感はあたり、引くCX、噛むCX、止まらない打点。
1週目の魔力が発動して、0/21という素晴らしい山が完成。レベル2などなく、3-0でターンが帰ってきて、山が1枚。
CX張られるのはまあいいとして、ドラを3枚とも乗せるのは流石にキツイ・・・。
この時点で相手が1-3とか。
そこから結構頑張って、なんだかんだで3-3か3-4まで持って行って、最後こちら3-3から耐えたらワンチャンあるんじゃ?とか思いましたがまあ無理です。
せめてドラが1つでも乗らなければ疑似リフできてゲームになった感はあったのですが・・・闇でした。
チームは横2人が勝ってくれて準決勝へ。頼りになる!

準決勝:ニセコイ@モコナさん○
抽選通ったブルーフェニックスと2度目の対戦。
そういうの求めてないから!
先攻取れたので歓喜のドローゴー。
2パンで返されたのでサポQ絡めて3パンの安定の展開。
そこから修羅場されたり、こっちも集中ヒットしたり。
こちらは1リフして2でセット破棄する展開で、相手も2になるも山が薄かったため、1ターン青小咲をあえて出さないプランで割り合いで進む。
こちらが先にレベル3になり、こちらはさやかをキャスト。相手も2の後半まで行き、青小咲をキャスト。
こちらのターン、山札が8枚でうちCXが3枚。2パンして噛まず。
最後、アタックするか相当迷いましたが、相手の山が強いので3点は通らないと予想してエンド。
これが功を奏して、山のトップはCXでキャンセルに回り、返し3キャンしてリフして3-1、2体目のさやかをキャストして3-0に戻し、雑魚はチャンプして餌を残さず、12500のさやか2面を残して願いを構えてエンド。
割れないのでマリカは出てこず、こちらは3-3まで。相手は3-2。
手札に宝があったので、ほむらサーチからのキックと悩みましたが、ほむらを使うにはレストコストの関係でクロックドローが必要だったため、さやかサーチから回復するプランに。
3-2まで戻して、2点キャンセル、3点通る、3点通って勝ち。
この試合がこの日1番集中出来ていたと思います。珍しく会心のゲームでしたね。
チームも2-1で決勝へ!

決勝:ニセコイ@ふぁるこん×
4回目のニセコイ。どんだけ当たるんだ。
先攻ドローゴーからの3パンのいつもの展開で、1週目は良い感じかな?と思ったけどレベル1スルーをやらかして打点でリードされる。
そういう時のためのサブプラン、円環早出しを行い、2-1で疑似リフ。悪くない。
相手はさやか割れないという状況になるも、リフ後、早々にCXの見え過ぎ事案が発生して山が弱くなる。
そしてさくっとレベル3-4にスキップ。相手は2-6も、2噛みしてこれまた山が弱い。
3(シュート)-4-3で勝負。集中して、山にドラがないことが確認済み。
3点通る、3点キャンセル、4点通って3-6まで。
こちら噛んでしまって、4確の山ができ、3-2だったので万事休す。負け。
・・・・。
・・・・・。
・・・・・・・。
おかしいと思ったそこの貴方。鋭い。
何故1点足りていないのか。
説明しよう!お値段以上は、クロックシュートの宣言を怠ったのだ!
・・・・。
・・・・・・。
・・・・・・・・。
さいよわは私でした。もう死にたい。
でもね、でもですよ。シュートしてたら3-3。
その場合、普段の私なら4点から殴ります。3点通って打点超過が一番嫌ですから。
はい、結果関係なかったー!どっちにしても負けてたー!
・・・もうほんとごめんなさい。
確率的には一緒ですから、閃きで3から殴ったかもとか色々考えてしまうわけですが、次に生かすしか・・・。
というわけで、慢心シュートしました。ほんと心が折れました。

チームも、デスカッターさんがLLとの泥仕合を制すも、me君が艦隊に紙一重で敗れて敗北。
私のミスで準優勝になってしまいました・・・。
老いとはこういうことなのか・・・。

その後、ネオスで2回戦で負けたキノさんがいつの間にかミルキィタイカプの決勝へ。
しゃるさんとでしたが、しゃるさんがボロボロで3-4と2-3というゲーム。
しゃるさんのターン。2からドラ乗って3点が通って、リフダメCXで3-0。
3点が通って3-3。3点アタックなのでドラ乗ったら終わるぞ・・・。これが「コス・キノゾーン」か!?と観戦者が息を飲む。
3点から・・・3点!耐えた!普通に通るのはやっぱりキノさんですね。
返し、こころでトップめくったらCXでやっぱキノさんだなー(ほっこり)って感じでしたが、もう1回バーンして、無事に2点通して勝ち。
遂にキノさんがレシピ勢に仲間入りしました。感極まってデスカッターさんが抱き着いたシーンは、今大会の名シーンでしょう。
頑張りが報われてほんと良かったね、キノさん!
その他にも、普段遊んでいただいている方で大量の入賞者が出てました。皆さん流石ですね。

その後、ビアガーデンで飲んで、ゆ〜じ君が企画してくれた30人以上の飲み会があって、我が家で謎のアダルトトークがあって・・・と最後まで楽しい2日間でした。
組んでくれたme君、デスカッターさん、私個人は本当に情けない限りでしたが、2人のおかげで入賞できました。ありがとうございました。次こそ優勝しましょう!
キノさん、遂に初レシピおめでとう!次はR30で載せましょう!

最後にちょこっとだけ考察。
個人成績は慢心シュートがあったり、勝てた可能性があった試合を落としたりとお察しなんですけど、まどかを選択したこと自体は、非常に良かったと思っています。
ネオスタンに出るならニセコイか艦これを使いますけど、トリオなら十分仕事できるタイトルだと思います。
先攻取れて助かっただけじゃないの、というのはそのとおりではあるんですが、練度低くてもこれですから、ポテンシャルはまだまだあるかなと。
終わった後改めて考えて構築も微調整していますが、今の方が強いくらいですし、まだまだ研究不足です。
大会で使ったデッキのレシピは公式であがってるので興味があれば見てください。
解説は・・・もうちょっと自分の中でまとまったらやるかも。今書いても叩かれるだけのような気がするので(笑)

何故まどかにしたのか、だけ。
艦隊は0と1が強く、ニセコイは2が強い。
他にも、黄GFとか警察とか、低レベル帯が強いデッキが多いのが今の環境の特徴だと思います。
序盤にアドバンテージを稼ぎつつ打点を入れ、山を削る意識が高いですよね。
艦隊は、序盤のアドバンテージを徐々に削っていくデッキではないでしょうか。
ニセコイは違いますが、2で貯めたアドバンテージを3のマリカのコストに変換する・・・という感じ。
まどかは、強いのはレベル3であり、耐久型のデッキです。
さやかのパワーで面を取り続けることで、ヒールしながら捲る。
疑似リフ、願い、現るだけでなく、ナイトメアという防御札も加わり、そんな戦い方に強みが増しました。
ほむらの追加で、決定力も増えました。
耐久力は、見た目よりもかなり高いです。
序盤が強いデッキとガッツリ構えてやることなく、力点をずらすことが可能なのがまどかの利点。
サポQや見守るほむら、マミさや、絆などで序盤を最低限で「流し」ながら、山を作ることができるのです。
今流行りの、序盤から3パン+1が正義!なヴァイスとは方向性が全然違いますが、これがなかなか強いのでヴァイスは面白いなあと思いますね。

それではまたお会いしましょう!
posted by お値段以上 at 00:52| Comment(0) | 大会参加記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: