2017年06月05日

ヴァイスシュヴァルツ大会レポート BCF札幌2017

2年振りに更新します。
2年って凄く長い気がしますが、結構あっという間ですね。老いとはこういうことか・・・。
その間に私事ですが結婚しました。よりカードできる時間が短くなっていますが引退はしてませんよ!

大会成績としては、
WGP2015札幌大会 結婚式と被って出れず
BCF2016札幌大会 トリオ優勝(使用デレマスTP 個人4−3)
WGP2016札幌大会 ネオス決勝トナメ1落ち(使用艦隊)
WGP2016名古屋大会 トリオ予選落ち(使用デレマスTP 個人2−1)
WGP2016東京大会 トリオ予選落ち(使用デレマスTP 個人2−0)

そしてBCF2017札幌大会。
今回は(キノさんが)レジェンドばりの面白さだったので書かざるを得ない。

トリオに出るにあたってまず何を使うか?ということですが、私の手持ちだとペルソナくらいしかありません。
が、ペルソナに苦手意識が強く、あまり使いたくありませんでした。
レベル0が弱く、小回りが利かないのが厳しかった。
1週目CX引きすぎたら集中当たらんし扉噛まんし手札増える要素ない上にCX処理できないしどうすんねんと。
引きすぎなければ強いんですけどね。
某デスなんとかさんの結婚式の時に初めて対人して、2−2(しかも勝った2試合も負け試合)で心が折れました。

そしてキノさんから借りたごちうさがまあ強い強い。
0も1も強いし兎に角システム関連が優秀なんですよね。収録中持ち1相討ちとか神でしかない。
初めて使いましたけど、回してて全くストレスがなかったので今期はごちうさを使うことにしました。

そしていつもどおり一人回しをしていたら気付けば大会前日・・・。
今回のトリオメンバーの紹介。

キノさん(先鋒:ペルソナ5)
ヴァイス界のトップアイドル(イジられ的な意味で)。
去年ネオス優勝1回トリオ優勝2回と大爆発。私もお世話になりました。
ウニが食べたくて札幌に来たらしいです。

me君(大将:このすば)
ヴァイス界のトッププレイヤー(真摯に取り組む意味で)。
トリオを組むのは3回目かな?
一昨年チームを組んだ際に私がやってしまったので取り返したい。

前日、3人でお気に入りの回らない寿司屋へ。
まず、2貫ずつ10数種入った寿司を頼み、じゃんけんによる寿司ドラフトを開催。
ネタは大トロ、ウニ、いくら、ほたて、アワビ、ツブ、タラバガニ、ほっき貝など錚々たるもの。
2個ずつしかないので1人は絶対に食べられないため、何から食べていくかが非常に重要で、じゃんけんに勝てるかがさらに重要になります。
キノさんは去年、ウニを食べることができないという目も当てられない結果になりました。
さて今年は・・・。



面倒なので結果だけ書いてしまうと、キノさんは今年もウニが食べられませんでしたー!食べられませんでしたー!
ホタテも食べられませんでしたー!いくらも食べられませんでしたー!

3人でじゃんけんして、6連続最下位。単純計算で1/729。示し合わせとかしてません。
心理戦で読み切られたりしてましたが、流石に弱すぎる。
去年以上に酷い結果だぞコスルニキ。何しに来たんだコスルニキ。

そんなこんなで夜は更け、大会当日。
「キノさんまたウニ食べられなかったんですか?(笑)」と煽られつつ初戦へ。

トリオサバイバル
1回戦:ごちうさ扉門 先攻×
結構頑張って回し切りましたが負け。
事実を事実として書くと
・先攻の3500画伯に対して画伯2面出されるも2面ダイレクト
・3/2リゼに3/2リゼでアタックされるも相手の2000応援の位置が逆だったのでリゼの2500助太刀で返す
(しかもこちらの3パン目にCX噛んでる&山1枚だったのでCXが山に帰りなおかつ1枚確定の山がケアできるという・・・)
・こちら3−4、相手3−4。相手の手札にチノココアが手札にあるのに3/2リゼが出てきて後列に。3ルックでCXを切る。1-1-1で1キャン要求(!?)
これは流石にキャンセルするだろ流れ的に・・・と思ったらしなくて負けました。すいません負けた言い訳です。
チームも負け。ちょっと心が折れました。
タイトルカップに行きますが、時間があったので一応続行。

2回戦:リゼロ 後攻×
あまり覚えてませんが連動の1点をキャンセルされて本体も止まり負け。
また言い訳です。かなり心が折れました。
チームも負け。しかしキノさんは2−0。
つまり、me君と私が0−2でキノさんは2−0。
申し訳なさ過ぎて消えたかったです。
これがあんなことになるとは・・・。

黙ってても暇なのでタイカプへ。
デッキがごちうさしかないのでごちうさに出ました。

タイトルカップ ご注文はうさぎですか??
1回戦:緑のデッキ 先攻○
千夜シャロっていうんですか?全部見たことないカードでした。
急にデッキがやる気を出してキャンセルしまくり、3/2リゼを沢山出して2−0で勝ち。
トリオと同じような山なんですけどね。今じゃないんだよなあ・・・。

2回戦:青のデッキ(チマメ隊?) 先攻○
また見たことないデッキ。
でしたが、タイトルカップ対策に練られた良い構築だったと思います。
後列2枚に移動が割れず、なおかつこちらのキャラは同値で割られるのでひたすら連動できず。
1レベでマヤの2面シナジーを決められ、返しに2面シナジーし返したらどっちも助太刀で返されるという・・・(笑)
完璧にやられてたわけですが、ココア助太刀が控えに2枚あってリフしてたのでリゼ早出しで打点ゲーにシフト。
リゼが触れられないので徐々にアドを取り返すと、こんな展開でも手札が切れないのがウサギ。
ただし2面連動しにいくにはクロックドローが2回は必要と判断し、早々に2面連動は諦め、チノココ1枚だけで決めに行くことに。
こちらのキャンセルが強く押し込む展開にでき、相手が先に3になりキュビズム2面連動。
1面はココア助太刀でバトル相手を控えに送り、4パン。
3キャンして3−0で耐える。クロックドローからチノココを出すも対応は引けず。仕方なくリゼでヒールし、2キャン要求で勝ち。
こちら3−0だったので、返しがあったかは微妙でした。全体的にこちらの方がキャンセルが強く、運勝ちだったと思います。

3回戦:扉門 先攻○
こちら0−5の段階でCX3パンされて9点通って2−0へ。
こっちもCX張ったら6点通って相手も2−0へ。
早いゲームでしたが、2週目の圧縮的にはこちらが有利な感じに。
最後はチノココ2面連動で勝ち。

決勝:8扉@小春さん 後攻○
マリガンで相手の控室に扉3枚。一瞬シブい顔をしてたので、手札にまだあるのかなと予想。
こちらはマリガンでCXを2枚引いたので、2枚とも張るプランに。
手札は良くなかったですが、後攻2パンから次のターンに3パンCX。
1つ止まりましたが、2つ通って1の中盤に。
次のターンも1面連動しつつCX。これも通って2の中盤に。結果的には私は1リフ、小春さんは3リフでした。
先に上がられると当然面は取られるので完全に打点ゲーにシフトし、リフ後はクロック破棄。
常に手札2枚くらいでしたが後列も前に行ってもらってとりあえず3パン。
最終的に、3に上がった時の手札はチノココ2枚と3ルック1枚のみ。
クロック2ドローから2枚出して、引き込んだ3/2リゼも出して2面連動で詰めて勝ち。
序盤のCX2回でほぼ勝負が決まったと思います。
扉門型は集中、オカケン、連動の関係でかなり無理がきくので、相手のCXが見えてたら即ぶっぱ安定ですね。

ということで優勝できました。
タイトルの時はかなり運が良かったと思います。

トリオを組んだme君もチェンクロタイトルで優勝。
キノさんはP5タイカプで準決勝時間切れ引き分け・・・。
完全に勝ちの状況だったので残念でした。

キノさんからしたら、トリオで自身2−0したのにチームは負け、自分のタイカプも理不尽に引き分け。
横の2人は0−2かました癖にタイトル優勝。
しかも寿司ドラ6連敗でウニ食えず。

芸人過ぎてヤバい。何しに来たんだコスルニキ。
今回2年ぶりに更新したのも、この伝説を伝えたかったからです。

ではまた次回お会いしましょう!


※当ブログはキノさんを応援しています。
posted by お値段以上 at 21:31| Comment(0) | 大会参加記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: