2012年03月04日

魔法少女まどか☆マギカ カード考察A

まどか☆マギカが発売されて1週間経ちましたね。
買った方は大分構築も固まってきた頃でしょうか。

ということで、カードが全部公開されたところで第2回の考察を。
いやー、まどマギ弱くて困っちゃいますね(こうどなじょうほうせん


全体
高性能なビートダウンタイトル。各色優秀なカードが揃っており、どの色でも戦えるようになっている。
サーチ、回収といった基本的な能力に加え、擬似リフなども搭載しており多芸なタイトル。
一方でバーン、再攻撃がなく、詰めの手段は非常に貧弱である。
チェンジギミックが非常に多いほか、「まどか」と「ほむら」、「杏子」と「さやか」でシナジー組むことを前提にしたデザインとなっている。
豊富な手札増強手段でハンドアドを取りながら攻め立て、チェンジからさらに攻めていきたい。
なお、私が推すデッキは「緑青赤t黄 圧縮リフレッシュビート」

パワー:7点
各レベル帯で比較的高いパワーを出すことが可能。
相手にして本格的に辛いのはABのレベル1、化のレベル2以降、とあるくらい。
とは言え、デッキの強みになるほど高いパワーではないので、過信は禁物。

回収・サーチ:10点
超が付くほど優秀な回収イベントがあるだけでなく、サーチ型集中もあり隙がない。
(シナジー回収、登場時回収・サーチ等もある)

手札維持能力:10点
優秀な絆、擬似クロックアンコール、サーチ型集中。
パワーラインも高めなので、積極的に手札を使っていけるタイトル。
手札の維持は一番楽なタイトルではないでしょうか。
適当にやってても手札に余裕がある不思議。シャナさんに謝ってほしい。

回復:8点
CIP回復をチェンジで使いまわせることに加え、優秀な回収、回復イベントがあり、準トップクラス。

詰め能力:3点
キュベレイの互換、デッキトップ盛りがあるが、それだけ。

事故回避能力:8点
2種の集中はどちらも優秀。
さらに、回収イベントで手札を1枚切ることができるほか、擬似リフで弱い山札を誤魔化すことも可能。

オリジナリティ@(チェンジ性能):8点
各種チェンジが優秀。ドローフェイズのため速攻の盤面制圧、CX処理能力はないものの、軽いコストで強力なキャラが登場する。
強力な集中のおかげでチェンジを前提にした動き方ができる点も魅力。

オリジナリティA(圧縮のしやすさ):9点
手札維持力が非常に高いため、アタック回数を増やすことができるほか、山札を削る方法が多くなっている。
集中から1レベルでのリフを狙っていけるほか、擬似リフも非常に優秀。
早い段階で強い山札を作ることができる。
1戦で最低2回、多い時は3回のリフをすることとなる。

オリジナリティB(レベル1の安定性):9点
1/0/6500クロックアンコールと1/0/6500になる絆先。
最小限のコストで盤面を作ることが可能。
展開力と維持力では文句なしの10点だが、7000以上のパワーを出すのは困難という欠点もある。
CXを使って上手く穴埋めしたい。

総合点:9点
基本的な能力はかなり高く、扱いやすいタイトル。
ではあるものの、詰めの手段が非常に弱いので一工夫必要になる。
ここでは優秀なチェンジを生かした圧縮リフレッシュビートを推す。
1-6リフを狙いつつ、クロックにアルまどを落とし、2レべ2ターン目でのチェンジから耐久ループに入る。
リフレッシュ前のCXの動き方次第だが、安定して高圧縮のリフを狙っていける。
圧縮ビートというデッキの性質から、CX回りに依存する部分は大きいが、詰めの性能が圧倒的なデッキでなければ早々負けない。



世間的な評価はあまり見ていませんが、個人的意見としてはAランクでもおかしくないと思います。
詰めが弱いのが弱点だ弱点だと言われていますが、だったらパワー型か耐久型にすればいい。
パワー型でもアルほむを使えばいけると思いますが、安定性と総合力の観点から私は圧縮耐久型を推します。

ということで、私が今組んでいるのも強い山札を継続して維持しつつ、圧縮回復耐久する型。
使う側として見た場合、間違いなく強く、安定性もある。
色がギリギリなのと、山札枚数で動き方を変えなければならないのでプレイングはかなり難しい面もありますが。
天敵はAB。殺しにかかる力が圧倒的な上、レベル1のパワーラインの高さが非常に面倒。
発売前、まどマギでABは環境から消えるんじゃないかって言ってたの、誰でしたっけね。

・・・読みが甘すぎて泣きたくなります。

一方まどマギの弱点は、中〜終盤のCX回りの動きに結果が大きく左右される点です。
よりわかりやすく言うと、「圧縮したのにキャンセルしない」展開になると非常に苦しいです。
これはどのタイトルでもそうですし、圧縮しやすい分有利とも言えるのですが、「自分から決めにいけない」ので致命傷になりやすいのです。


怖いのは、今の段階でもAB相手に5割程度は勝てているということ。
これからどこまで行けるのか、ここまでなのかはわかりませんが。


次回のBCFのネオスタンも出るのであれば恐らくこれかABかになりそうですね。
決定力があるABか、耐久力のまどマギか。
まどマギは時間切れがかなり怖いタイトルなので、その辺も踏まえて決めることになりそうです。
たぶん出ないでしょうけど。

皆さんの感想はどんな感じでしょうか?
posted by お値段以上 at 22:38| Comment(5) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

ヴァイスシュヴァルツ 2012年前半期新制限&新環境予想

「コーデリアのお花畑」(MK/S11-096)
【スタンダード構築】 制限はありません。
【サイド限定構築】 制限はありません。
【ネオスタンダード構築】 デッキに入れることができません。
【タイトル限定構築】 デッキに入れることができません。


お花畑が禁止になりました。
こんなことならミルキィの考察は後に回せば良かったッ・・・!

ミルキィを代表する強力なカードでしたが、時間切れを誘発する点が嫌われたのかな、と。
デッキパワーが高すぎて禁止、制限されたとあるとは少し違う意味合いがありそうです。

さて、この禁止がどれくらい影響があるのか少し考えてみましょう。

まずはミルキィ使いとしての視点から。
「恒久的な回復力」という意味では、実はそこまで影響はありません。
テンプレミルキィの真骨頂は、活発ネロ、けなひた、エリーによる絆回復ループだと思っています。
ここに関しては何も影響がないどころか、手札管理が楽になるとさえ言えます。
しかし、瞬間的な回復力はガタ落ちします。
ミルキィの強さの一つに、不意に大打点が通っても、お花で3-0まで戻せる点がありました。
これは2点以上の回復イベントを有するタイトルでない限り、まず不可能なのです。
ディスガイアやアイマスも回復力は高いですが、瞬間的に通るとリカバリがかなり難しい。
ここを失ってしまったのは大きなマイナスです。

その上、盤面制圧力も落ちます。
3000パンプという数値はレベル2助太刀に該当する極めて大きい物であり、サイコと合わせて終盤の焦土化に大きく役立っていました。
これがなくなった分、終盤の安定した盤面制圧には一工夫必要になります。

一方でメリットとして、お花畑を入れなくていい分、4枚のデッキスペースができるということがあります。
お花は「握ったら切れない」カードなので、プレイングを大きく制限するカードでもありました。
構築、プレイング共に大きく自由度が増すでしょう。

総合的に見て、ミルキィは弱体化したと思います。
環境トップからは落ちると言っていいのではないでしょうか。
お花畑はそれくらい強い回復イベントでした。

とは言っても、環境上位には十分入ると思います。
テンプレが崩れ、お花4枚の枠を何に使うか、プレイヤーの腕が問われるところです。
今の形をベースにするなら、「ネコミミ虫眼鏡」を入れるのが最有力でしょうか。
2枚サーチで圧縮しつつ、回復リソースを確保できるのは非常に優秀です。

まだ組み直してすらいないですが、そのうち新型のレシピと使用感をレビューしたいと思います。
どんな形が最適解か全く見えていないですが、プールとにらめっこして考えたいです。

次に他タイトル使いの視点から。
全体的に、楽になるのは間違いないでしょう。
「ミルキィが多いから使われなかった」タイトルは多いと思います。
特に、今回の制限で最も恩恵を受けるのはディスガイアとアイマスではないでしょうか。
この2タイトルは元々のデッキパワーはあるものの、耐久型であるが故に、リソースの確保が鬼であるミルキィとは厳しい組み合わせでした。
今回の制限でミルキィは環境から減少するでしょうから、この2つが台頭してくるのではないかと。

最後に、これから環境がどう変わるか。
ディスガイアについては、環境トップメタになると予想しています。
ミルキィが存在しなければ、ちょっと止められるタイトルが見つかりません。
ABなら互角近くまでいけると思いますが、それでも有利は取れない。

そして、要注目なのが新タイトルのまどかマギカ。
現状でもかなり強そうですし、凶悪なアンコールメタも出ました。

今の段階での私の環境読みは、
ディスガイアがトップメタ。
化、AB、シャナ、ハルヒ、とある、アイマス、そしてマギカが2番手集団。
こんな形になるんじゃないかな、と。
ABはマギカが流行ることでトップから落ちると予想します。
マギカはワンチャンスで環境トップメタもあり得るのではないでしょうか。使用者多そうですし。

5月のBCFは黒に出るつもりなので、個人的にはネオスタン環境は割りと無頓着なのですが、
その後も、ギルティクラウン、P4、DCV、fate/zero、ゼロ魔と新タイトルが控えています。
どんな環境になっていくのか非常に楽しみですね。


最後の最後に。
今回の規制は個人的には大歓喜。
ミルキィとやっても、使っても面白くなかったので・・・。
これで少しミルキィを使う気が起きました。
時間切れも減りそうですし、いい裁定なんじゃないかなーと。
posted by お値段以上 at 23:18| Comment(3) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

魔法少女まどか☆マギカ カード考察

これまで公開されてきたカードのなかで、気になるものを見ていきたいと思います。

MM/W17-003
カード名:契約をせまるキュゥべえ
カテゴリ:キャラクター
色:黄
レベル:0 コスト:0 トリガー:0
パワー:500 ソウル:1
特徴:《宇宙人》・《魔法》

【永】他のあなたの《魔法》のキャラすべてに、パワーを+500。
【永】あなたが自分のキャラの「 チェンジ 」のコストを払うとき、このカードの下のマーカーを、ストック1枚のかわりに控え室に置いてよい。
【自】このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から1枚を、このカードの下にマーカーとして置く。

僕と契約して魔法少女になってよ!

契約を「せまる」か・・・。
まどマギを象徴する迷セリフ「僕と契約して魔法少女になってよ!」とあいまって、原作を見たものとしては笑うしかありません。
効果自体はかなり強いですね。
全体500パンプは終盤まで使えますし、チェンジコスト軽減も強い。
マーカーでデッキを削れるものなかなかいいのですが、トップチェックがあると尚いいですね。
集中のサーチと相性がいいです。
序盤の後列はQBになりそうですね。



MM/W17-008
カード名:“もうひとりじゃない”マミ
カテゴリ:キャラクター
色:黄
レベル:1 コスト:0 トリガー:0
パワー:5000 ソウル:1
特徴:《魔法》・《お茶》

【自】このカードがフロントアタックした時、クライマックス置場に「もう何も恐くない」があるなら、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。
そのカードがクライマックスなら、そのターン中、このカードのパワーを−4500。
そうでないなら、そのターン中、このカードのパワーを+4500。 (公開したカードは元に戻す)

身体が、軽い。こんな幸せな気持ちで戦うのなんて初めて

シナジーでノンコスト4500パンプは破格の数値。しかし、デッキトップがCXだったら−4500。
対応CXは名台詞「もう何も恐くない」。まさしくマミるわけですね。素晴らしい原作再現。
採用されるかどうかは対応CX次第でしょうか。ソウル2だったら結構強い気がしますが、ストブかなあ・・・。



MM/W17-063
カード名:林檎のおすそわけ 杏子
カテゴリ:キャラクター
色:赤
レベル:0 コスト:0 トリガー:0
パワー:500 ソウル:1
特徴:《魔法》・《お菓子》

【永】他のあなたの「見滝原中学二年生 さやか」すべてに、パワーを+1000。
【自】 絆/「見滝原中学二年生 さやか」 [@] (このカードがプレイされて舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の「見滝原中学二年生 さやか」を1枚選び、手札に戻す)

食うかい?

1コスト絆と、絆先に1000パンプ。
流行のスペックですね。絆先が1/0/5500ということもあり、使い勝手の良い良カードと思います。
QBと後列に並べれば1/0/7000。弱い訳がないですね。
絆全般に言えることですが、絆の弱点は絆元のパワーが極端に低いこと。
パワーライン立てたり助太刀を使うなどしてダイレクト枠を確保し、次に前に出すなど工夫したいです。



MM/W17-085
カード名:癒しの祈り さやか
カテゴリ:キャラクター
色:青
レベル:1 コスト:0 トリガー:0
パワー:6500 ソウル:1
特徴:《魔法》・《愛》

【自】バトル中のこのカードがリバースした時、あなたは自分の山札の上から1枚を、クロック置き場に置き、このカードをレストする。

キュウべえ「彼女は癒しの祈りを契約にして
魔法少女になったからね」

何か2つくらい間違えた感のあるカード。
1/0/6500クロックアンコールと読み替えることが出来ます。
大量展開すると打点差が恐いですが、1枚立てると盤面が安定し、非常に心強いカードとなるでしょう。
スタンでは「執務官クロノ」がよくアタッカーとして使われますが、青と言う色もあり取って代わる可能性もあると思います。
レベル1はこのカードと絆で7000ラインを作ると非常に嫌らしいですね。
最小限の消費でパワーラインを立てられ、色も揃ってるんだから弱い訳がない。



MM/W17-002
カード名:巴 マミ
カテゴリ:キャラクター
色:黄
レベル:3 コスト:2 トリガー:1
パワー:10000 ソウル:2
特徴:《魔法》・《お茶》

【自】このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置いてよい。
【自】[A]このカードがアタックした時、クライマックス置場に「ティロ・フィナーレ」があるなら、あなたはコストを払ってよい。
そうしたら、あなたは相手の前列のレベル3以下のキャラを1枚まで選び、ストック置場に置き、そのターン中、相手は『【自】 アンコール 』を使えない。 (ルールによる『【自】 アンコール [B]』も使えない)

せっかくのとこ悪いけど、一気に決めさせて――もらうわよ!

マミさんと言えばやはりティロ・フィナーレ。
CIP回復があるだけで及第点ですが、シナジーもなかなか強力です。
相手の前列のキャラをストックに飛ばし、アンコール不可に。
ちはややヴァルハラ、アンコールの付いたゆり、真など、面倒なレベル3を問答無用で潰せるのは強いです。
この効果を使えば相手の前列は壊滅しますから、間接的に相手の打点を下げることが出来ます。
アタック時に使えるのでコスト調整が容易なのもポイント。
対応CXが+2000/+1ならかなり強いですが、恐らくは違うでしょう。
バウンスまでなら採用圏内かなあ。



MM/W17-062
カード名:佐倉 杏子
カテゴリ:キャラクター
色:赤
レベル:3 コスト:2 トリガー:1
パワー:10000 ソウル:2
特徴:《魔法》・《お菓子》

【自】このカードが手札から舞台に置かれた時か「 チェンジ 」で舞台に置かれた時、あなたは自分の控え室の《魔法》のキャラを1枚選び、手札に戻してよい。
【起】[@ あなたのキャラを2枚レストする]そのターン中、このカードのパワーを+2000し、このカードは次の能力を得る。
『【自】このカードのバトル相手がリバースした時、あなたはそのキャラを山札の上に置いてよい。』

そういうもんじゃん?
最後に愛と勇気が勝つストーリーってのは

チェンジ持ちのレベル3。
登場時1枚回収と、起動効果で2000パンプ、相手リバースでデッキトップへ。
これはかなり強いカードと思います。
レベル2から出てきて盤面を荒らされたら絶望しか見えません。
アンコールビートの強力なメタカードです。これでABは環境的に終わったといってもいいでしょう。
単純な打点稼ぎとしても優秀ですし、ノンコス回収がついてくるのだから弱い訳がない。
恐らくトップデッキでも採用になるでしょうね。
チェンジ前の性能が気になるところです。レベル応援とかだったら壊れレベル。



MM/W17-T04
カード名:鹿目 まどか
カテゴリ:キャラクター
色:緑
レベル:3 コスト:2 トリガー:1
パワー:10000 ソウル:2
特徴:《魔法》

【永】他のあなたの《魔法》のキャラが3枚以上なら、このカードのパワーを+1000。
【自】このカードが手札から舞台に置かれたとき、あなたのキャラすべてに、そのターン中、パワーを+2000。
【起】[@]そのターン中、このカードのパワーを+2000。

だから魔法少女になって本当に良かったって、そう思うんだ

最強の魔法少女はパワー馬鹿でした。
レベル3で能力を3つ持ち、それが全てパワーパンプと言うのは例がないでしょう。
ここまでパワーに特化したらそれはそれで強いのですが、今のレベル3には複数の仕事が求められる場合がほとんど。
盤面制圧だけではなかなか厳しいと思います。



MM/W17-T05
カード名:暁美 ほむら
カテゴリ:キャラクター
色:緑
レベル:3 コスト:2 トリガー:1
パワー:10000 ソウル:2
特徴:《魔法》・《時間》

【永】あなたのストックが4枚以下なら、このカードのパワーを+500し、このカードは『【自】 アンコール [手札のキャラを1枚控え室に置く]』を得る。
【永】このカードの正面のキャラのソウルを−1。

私は冷静な人の味方で、無駄な争いをする馬鹿の敵

レベル3のほむほむ。
ソウルマイナス1を持ち、ストック4枚以下でパワー+500、アンコール持ちとなる。
ソウルマイナスとアンコールは相性が良いのですが、ストック4枚以下というのは非常に微妙です。
アタック開始時には1コスト以下でないと相手ターンにはアンコールはない。
レベル3まどかと相性が良いですが、採用されるかと考えると難しいでしょうか。



MM/W17-082
カード名:美樹 さやか
カテゴリ:キャラクター
色:青
レベル:3 コスト:2 トリガー:1
パワー:10000 ソウル:2
特徴:《魔法》・《愛》

【永】他のあなたの《魔法》のキャラ1枚につき、このカードのパワーを+500。
【自】このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置いてよい。
【自】バトル中のこのカードがリバースした時、このカードを思い出にする。

私はね、ただ魔女と戦うだけじゃなくて、
大切な人を守るためにこの力を望んだの

CIP回復持ち12000アタッカー。
パワー環境を象徴するかのような1枚。
弱い訳がないですね。デメリットの思い出行きもそこまで気になりません。
むしろ、スタンなどでは思い出条件を満たすために使われることもあるかもしれません。
4枚回収安定のカードと思います。

それにしてもさやかの優遇っぷりが凄まじい。
青がデッキに入るのはまず確定ですね。


これまで公開されてきたカードだけ見ても、かなり強いと思います。
今の感じだと高性能なビートダウンタイトルですね。
レベル0のシステムキャラやイベントがまだあまり公開されていませんが、
その辺りが有用であればまどマギ環境となる可能性も充分にあるのではないでしょうか。
あと、緑でほむら&まどかのRRレベル3があるんじゃないかなあという気がしています。
それがあれば言うことない!CIP回復持ち再攻撃とかだったら最高ですが、さてさて。
posted by お値段以上 at 22:20| Comment(4) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。